法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ業界と消費者金融の関係

パチンコ業界における遊戯人口がここ10年で1000万人も減少しており、2007年においても減少傾向は止まらない状態です。その結果、パチンコ店の倒産が相次いでいる!

その理由の一つとして、消費者金融が考えられている。

消費者金融は2009年に改正貸金業法により、上限金利が引き下げられ、貸付額の総額規制などが始まる。
その為、貸し倒れのリスクを回避するため、優良顧客の選別をするようになった。

その結果、2007年3月頃の成約率は平均44%と、半数以上の人が審査で振い落されている。
つまり、パチンコ利用客が資金を調達できず、パチンコ店に入るお金が減ったということです!

貸金業法の改正前においても、遊戯人口は大幅に減っていたが、パチンコ店の売り上げはそれほど、減ってはいなかった。それは、客一人当たりの利用金額が上がっていることを意味し、その客が消費者金融の審査に通らず、パチンコ店を利用できなくなっている。
パチンコ店にとってはかなりのダメージとなる。

私個人としては、ギャンブルはしないので、これを機にみなさん手持ちの資金のみで楽しまれるように変わっていけばいいのでは?!(^^)!などと考えてしまいますが、パチンコユーザーにとっては大問題なんでしょうか?

ちなみに、ギャンブルによる債務は、免責不許可事由に当たりますので、万が一の救済が難しくなる場合もあります。ほどほどに★

スポンサーサイト

Comment

cabさん says... ""
へー
そうゆう裏があったんですね
俺もパチスロやるけど
さすがに消費者金融には
手をださないようには気をつけてますが・・・
2007.06.22 11:56 | URL | #yl2HcnkM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/78-7a2bb073
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。