法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車運転過失致死傷罪

先日、自動車運転過失致死傷罪が新たに創設され、今まで業務上過失致死傷罪でまとめて罰せられた交通事故のケースを、独立に処罰することとなった。施行は07年6月中旬になりそうです。

この法改正は、交通事故の理不尽さを反映したものといえる。自動車運転者の意識の低さから、亡くさなくてもよい命を失ってきた背景がある。

そんな法改正があった直後のことですが、愕然とする出来事がありました。

私は事務所の近くに駐車場を借りてそこから歩いて出勤してます。その駐車場の前には小学校があり、交差点は四方一時停止なんです。ところが、その日車を降り、歩き始めた矢先、後方から交差点に向かって一台の車が走ってきたんです。

一瞬、車が来たとしか認識しなかったんですが、次の瞬間愕然としました。その車は制限速度40kmのその道を時速100km前後(私の推測^^;)のスピードを落とすことなくその交差点を通過していったんです!(゜o゜)!!

そこには、多くの違反行為(スピード違反・一時停止違反)などがあり最悪死亡事故に発展してもおかしくない状況でした。

車の運転というものは、凶器を振り回すことと同じであるが、その利便性ゆえに、一定の規制の下、許された行為であるということを、各運転者は自覚しないといけません!!

運転者の自覚が足りず起こってしまった事故については、この法改正でも不十分かもしれません。しかし、この改正によって自動車運転における意識が十分のものになり、事故が起こらなくなる(少なくなる)ことを切に願います★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/75-511ce7a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。