法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸付金残高低水準

消費者金融の貸付金残高が6年ぶりの低水準になる見通しだそうです。

原因としては、法改正により数年後にもグレーゾーン金利が撤廃されることに伴い、消費者金融各社が貸付対象者を絞り込んでいることがあげられるみたいです。

それもあると思うのですが、私見としては、別の角度からも見れるのではないかと思います。

貸金業者の約定およそ29%の金利では、貸付金であったものが、法定利率およそ18%で再計算することによって、過払い金が発生することになり、法律上貸付金と見れなくなった金額も相当あり、貸付金残高の減少につながっているのではないかと思います。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/72-b69dbe51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。