法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払い業者の対応3

前回からの続きです。

過払い金返還請求訴訟を提起することによって、返金してもらうわけですが、訴訟提起後、第1回口頭弁論期日前までに和解を申し出てくる可能性高いです★そうなれば、一度も法廷に立たずに解決できます(^^)v

ただ、場合によっては、答弁書を出してくる(反論してくる)ことも考えられますが、ほとんど悪あがきにすぎないことも多々あるので、恐れることはないです!

答弁書の中で言ってくることも、ある程度、決まり文句のようです。
①「みなし弁済が成立しているので、過払い金は発生していない」。これが、常套句ですが、みなし弁済が認められることはほとんどありまえん。
②「悪意の受益者ではない」。これによって、過払い利息を免れたいということですが、貸金業者が悪意じゃないなんて認められることも珍しいと思います。
③全体的にこちらの「請求を棄却する」というように、対決的なとこを答弁書には書いてありますが、これも答弁書の常套句なので、恐れる必要はないです。たいてい、最後の方に、訴外で和解を希望するような文も入っています。

業者は争っても勝ち目は(100%ではないですが)ありません!すんなり応じないのは、ただ駄々をこねて、諦めてくれたらラッキー的なものだと思われます。

やることを淡々とこなしていけば、取り返せる可能性は大いにあると思います(b^^)b
あとは、行動を起こすだけです☆

もちろんサポートもしますよ(^^)/

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/71-83711ef7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。