法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律家!?

こんにちは。

もっと頻繁にアップしたいのですが,ままならない日常が続いております^^;

さて,先日仕事の関係で札幌簡易裁判所に行く機会がありました。その時,過払金返還請求訴訟の開廷予定があるとの張り出しがあったので,覗いていこうと思ったので傍聴席に入ったんです。私が入室した時は,貸金返還請求訴訟の口頭弁論が行われていました。せっかくなので,これも傍聴していこうと思い,そのまま座っていたんです。そしたら,司法委員という民間の方(ほとんどは弁護士等なんですかね)が裁判官の横に座っていたのですが,その方の態度が悪くてビックリしました。

ガムを噛んでいたのか口をくちゃくちゃさせながら,ふん反り返っていました。司法委員に選ばれるということは,有識者であるということだったと思うのですが,とてもそうは見えませんでした↓

たとえ肩書きが立派でも,態度や言動が立派とは限らないということを改めて実感させられました。そういう意味では,とても立派な反面教師でしたので,いい勉強をさせてもらったと満足気に事務所に帰りましたwww

お気付きの方もいらっしゃるとは思いますが,そうなんです!当初の目的だった過払金返還請求訴訟を見忘れて 帰ってしまったんです;_;事務所に着いてから気付きましたw

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/7-ee869984
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。