法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所書記官との接し方!

補助者時代を含め、結構裁判所には足を運びました^o^

何度か足を運び、顔見知りになると、書記官の対応もそれなりになっていきますが、顔見知りになるまでは、行く度に、初見の印象は良くありませんでした↓(全員がそうとは言いませんが、明らかに無愛想なツンツンした印象です↓↓)

しかし、書記官も人間です。彼らの初見の態度・印象に対して真正面からぶつかれば、その後もいい関係は作れません!彼らの最初の対応は、マニュアルに従ったもので、彼らは仕方なくやっているんだ!っと思いこみましょう☆(^o^)b

そして、こちらも丁寧に対応していれば、徐々に彼らのガードは解けていきます♪できることなら、こちらは笑顔で対応すれば、よりスムーズだと思います(^▽^)

実際に、裁判所内で接するのは書記官がほとんどだと思います。それであれば、書記官との良い関係は必ずプラスになるはずです!!

一般の方は、顔見知りになる程、裁判所に足を運ぶことは少ないと思います。なので、このことを胸に裁判所に行ってもらいたです。

まぁ、裁判所書記官に対してだけ言えることではなく、相手がどうあれ、こちらは常に丁寧に笑顔で対応することはコミュニケーションの基本ですよね★★^皿^

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/68-fb3db9c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。