法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故の被害者は?

交通事故(人身)での被害者は、ひかれた方であることは間違いありません。
今回は、ちょっと違った角度から考察してみたいと思います。意見・批判などもあるかもしれませんが敢えて言わせてもらおうと思いますo(>_
以前より、新聞の交通事故の記事を読みながら思っていたことでもあるんですが、交通事故の被害者は60歳以上の方がかなり多いんです!

これにより、ひかれた方にも何かしら原因があるのではないかと考えるようになったんです。
それを今日、より強く思うようになる出来事がありました。

≪回想シーン≫

よく走りなれた道、両脇にはショッピングセンターがありますが、それほど交通量はない交差点です。
前方150m位のところに交差点が見えてきた時、交差点の辺りでおじいちゃんが一人道を渡っていたんです。どんどん近付いていくと、おじいちゃんが交差点ではないところを横切ろうとしていることが確認できる距離まできました。見晴らしのよい道路、普通に考えると車が近づいているのも確認でき、音も聞こえると思われます。

しかし!おじいちゃんは急ぐわけでもなく、慌てるわけでもない。見えてないんですか!?聞こえていないんですか!?それ以上早く動けないんですか!?自分が思ってる以上に動いてないんですか!?

これらが原因の一つになっている気がします↓
車はおじいちゃん待ちで、時速10km以下。後続車はどんどん詰まってくるヽ(´Д`;)

≪回想シーン終了≫

交差点を渡るならまだ可愛げありますが(その時の歩行者は赤信号ですが)、マナーというか交通ルールを守らないというのが一番悪いですし、危険ですよね!
ルール違反の人が原因で事故を起こさせられてしまう運転者も被害者の一人かもしれませんね^皿^

まぁ運転者は、常に「かもしれない運転」を心がけてくださいね☆

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/67-d1abf3f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。