法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不平等を是正!?民法772条・733条

現在、民法第733条は、女性の再婚禁止期間を6か月としている。
これは、民法第772条で離婚後300日以内に生まれた子は、前夫の子と推定されていることを確保する為の規定だと思われます。6か月間で懐胎(妊娠)の有無を判断できるという、立法当初の考えでした。

ところが、現在の医療技術の発展により、6か月なく妊娠の有無を判断できるようになってきました。そうなると、6か月の期間には理由がなくなります。

その結果、772条の300日という期間にも影響します。

国会(各政党内)では概ね改正案が決まりつつあるようです。

733条では、期間を6か月から100日に短縮し、772条では、特例を設けて、DNA鑑定書を添付して、300日以内であっても、前夫の子という推定を適用させずに後夫の子とできるようになりそうです。

医学的なことは分りませんが、妊娠の有無を判断するには100日は必要なんでしょうか!?誰か教えてくださいww

もし、もっと早く分るのであれば、そうゆう期間設定にしますよね!?まさかですよね!?議員さんたちは、たまに訳の分からない立法・改正をするのでねぇ…(^^;)
せっかく改正等を考えるのであれば、できるだけ、国民に不平等の負担がないようにしてもらいたいですね☆☆

http://yahooscoop.blog96.fc2.com/tb.php/136-196d0468
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/61-68f15bf7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。