法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公正証書にする

最近、公正証書がらみの相談・依頼が立て込んでいます。

公正証書って何?と思われた方もいるのではないかと思います。簡単に説明すると、公証役場というところにいる公証人(多くは裁判官や検察のOBみたいです)に確認してもらう書類ですね。法定の様式に沿ったものでなくてはならない点がめんどくさいですが、この制度によって確認を受けた書類は、信用性が格段に良いものとなるのです。

契約書を作成する際に、公正証書にしておけば安心!と言われることもありますが、その為には必ずやっておかなければならないことがあるんです。

公正証書による契約書の最大のメリットは、相手が約束を破った場合、すぐに強制執行の手続きに入れることなんです★しかし、全ての公正証書が強制執行の効力をもっているとは限らないんです( ̄□ ̄;)

強制執行の効力を持たせる為には、「強制執行を認諾する」旨の条項が入っていることが必要なんです!!

公正証書による契約書で、この「強制執行認諾約款」がないものは、公正証書にする意味の9割以上が喪失しているといってもいいかもしれませんorz

この条項に気をつけて作成してください♪(^^)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/52-f610e963
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。