法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証拠創り

証拠がなければ創ればいい!(今流行りの捏造するって意味ではないですからね^皿^)←毒吐きすぎですかねぇ;

よくある相談として、「お金を返してほしい(取り返したい)」っていうのがあります。

大抵の場合、契約書などを交わしていないケースです。素人さんが相手であれば、内容証明のみで回収できることもあるのですが…。もし、相手がなかなか払ってくれないようであれば、最終的には訴訟によるしかなくなります↓

ところが、訴訟になってしまった場合、自分に有利な証拠は自分で準備しなければなりません(貸主ex契約書、借主ex領収書)。この大事な証拠を契約当初作っていない場合、確実に貸していても裁判で負けてしまうかもしれません。

その為、訴訟になる前に証拠を新たに創っておくことが重要になると思っています(^▽^)私が内容証明を送ってからだと、相手のガードも堅くなると思いますので、内容証明の前に手を打つ必要があるんです☆
争いが起こってからではなく、その争いを予防回避し、争いの前に防御を固めておくのが私(行政書士として)の役割だと思っています。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/51-18f4a68c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。