法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆弾低気圧(ちょっと遅いですが…)

先日、関東地方・東北地方を襲った低気圧は、東京の12月の平均降水量の5倍近、平成18年の中でもっとも多い雨を降らせたそうです。幸い北海道は、それほどの被害はなかったみたいです。

今回の低気圧は、急激に気圧が下がることによって天候が荒れる状態になってしまったみたいですが、この急激な気圧の低下は、記憶にも新しい北海道佐呂間町での竜巻をもたらした爆弾低気圧と近いものがあったそうです。爆弾低気圧よりは気圧の低下が弱かったそうですが、もう少しで佐呂間町と同じ規模の被害が出ていたかもしれないと思うとゾッとします。

このような自然の脅威の前では、人は無力に等しいかもしれません。しかし、それでもやれることはあるのでしっかり予防に努めたいものです。

今回のような強風の時、気をつけたいのは、物が飛んでしまわないようにすることです!土地の工作物を管理している人は、その設置・保存に問題がない限り、その物によって他人に損害(怪我など)を与えた場合、責任を取らなければなりません。管理者が責任を負わない場合は、所有者が責任を取らなければなりません。

しっかりと管理しないと後々大変になるので気をつけましょう^^v

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/26-d661ce0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。