法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不注意

いつも札幌市東区の遺言・相続の専門家 行政書士かとう事務所 のブログをご覧いただきありがとうございます。


最近ゴルフネタで攻めていますが、まだ1回打ちっぱなしに行っただけです(^_^;)

さて、私のような下手くそがゴルフをしていく中で、他人に危害を加えてしまうことがあるのではないでしょうか。思いもよらない方にボールが飛び、人に当たる!クラブがすっぽ抜けて人に当たる!!周りを注意しないでクラブを振り回し人を殴る!!!など。3つ目のは注意すれば防げるものですが、それ以外は、注意していても起こり得る。

それによって、他人に危害を及ぼせば、当然責任を取らなければなりません。不注意(過失)により人に損害を生じさせた者は、その賠償をしなければならない(民法709条不法行為)。
金銭で解決できればいいのですが、実は刑事責任も考えなければならない可能性もあります。
過失により他人を死傷させた者は、過失致死傷罪となりえます。しかも、業務上過失致死傷罪という重い罪になりえてしまいます。

業務上とは、仕事という意味ではなりません。
反復継続して行う(つもりの)行為のことをいい、車の運転なんかも業務上といえるものです。ゴルフも業務上といえるのではないかと思います。
ゴルフの場合は、ゴルフ場の使用規約等で流れ玉等への注意および自己責任という記載があり罪にはならないのかもしれませんが、なんにせよ、周りに注意して、マナーを守って楽しめば良いのではないかと思います(^^)/

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/178-b15def70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。