法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架空請求

先日、私の事務所(行政書士かとう事務所)にきた相談なんですが、架空請求だったんです。やっぱりいつまでもなくならないんですねぇ。裁判所関係を装って、訴訟・強制執行を止めるには手数料が必要ですという感じの内容をハガキで送ってきていました。

裁判所関係の正規の通知は、封筒で(多くは特別送達といったかたちで、1000円近くの切手が貼られています。)きます。当然、無視してくださいと言って相談は終わりました。

不安に思ったら、誰かに相談してほしいですね。きっと、後々笑い話になりますからwwちなみに、この半年以内に私のところにもハガキがきました^皿^突っ込みどころ満載で知人との話のネタにさせてもらいました。

※架空請求は、詐欺行為として、立派な犯罪です。仮に、架空請求を受け取った方が、無視して終わっても、詐欺の未遂罪として処罰されるものなんです。

詐欺罪…相手を錯誤(勘違い)させて財物(お金など)を交付させる罪です。10年以下        の懲役です。

スポンサーサイト

Comment

鹿 says... ""
俺も立場は違いますが、架空請求について啓発活動をしています。悪質商法もね。
いろいろ啓発記事を書いても、なかなかなくならないねえ?
ホント迷ったり、おかしいと思ったらまず相談ですよね?
2006.10.31 14:06 | URL | #79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。