法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒井法子被告

20091116194830
先日、酒井法子被告に判決が出ました。
懲役1年6ヵ月執行猶予3年
これが重いと思うか軽いと思うか…

ところで、酒井法子「被告」って気になります
通常、刑事裁判では「被告人」と呼びます「被告」っていうのは民事裁判での話です
刑事被告人を指して「被告」とメディア等で使うので、民事裁判を起こされた人(=被告)があたかも犯罪者・悪者みたいな印象を与えてしまっているのではないでしょうか

情報は正しく理解したいですが、それには情報を発する者が気を付けなければならないですね

気を付けます

スポンサーサイト

Comment

ミシャ says... "No title"
こんばんは
「被告」と「被告人」は使い方が違うのですね。
こういうことは一般人はわかりませんね。
民事裁判で「被告」と呼ばれたら、きっととても悪いことをしたような気分になるでしょうね。
2009.11.19 23:00 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/149-7055d414
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。