法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社設立と許認可

最近、許認可関係の相談依頼がちょくちょくあります。
そこで気になったことがあります。(^ム^)

ところで、会社設立関係の業務を行っているのは、行政書士と司法書士が多いのではないかと思います。どちらも一長一短はあります。私の事務所では、うまく連携を取ってやっていますから、依頼者にしてみたら感じないことかもしれませんが!(^^)!

ここから本題です。
会社設立後、許認可を取ることを考えられるなら、行政書士又は許認可の知識のある司法書士に、会社設立を依頼することをお薦めいたします(^O^)/
なぜなら、許認可を申請する時には、その業種を取り締まる法律に従った要件を満たしていなければならないのですが、設立する時から、要件を満たしているかどうかを考えておく必要があるからです!

会社設立後、許認可を取りたいと相談に来られる方の中には、この様に要件を満たしていないために、設立登記後すぐに変更登記が必要になるケースが散見します((+_+))

会社設立から許認可までトータルサポートしますので、安心してご相談いただけるように日々勉強です(*^。^*)


【今日のニャンコ】
220727.jpg

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/120-04e9e8b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。