法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍内閣

こんばんは。加藤です。

平成18年9月26日、安倍晋三内閣が発足。閣僚も決定されました。小泉前首相の改革の流れは止めないとのスタンスみたいですね。構造改革に期待した前内閣でしたが、一個人としては期待外れだったのが正直な感想でした。安倍内閣には、国民(特に社会的・経済的弱者)の目線での改革を期待したいと思います。

今の日本は増税という流れに思いっきり乗っかってしまっていますが、それが本当に必要で他に代替策がないのであれば受け入れることは容易です。しかし、現状として本当にそれしか手がないのでしょうか?国民に痛みを受忍させる前に、議員の方々にはもっと考えを巡らせてもらいたいです。

増税を素直に受け入れたくない一番の理由は、以前から思っていたのですが、国会で居眠りしている議員がいるということです。やるべきことをやりもしないで、もらうもんだけもらう。増税しても、そんな議員の懐に入ると思うと、とても嫌な気持ちになりますよね!?

増税をする前に、無駄を極限まで減らす政策を打ちたて、その為の構造改革を安倍新内閣には期待したいと思います。

まぁ政治の裏側のことは詳しく分からない一国民としての、素朴な意見でした^^

スポンサーサイト

Comment

ねこアレルギー says... ""
けいじばんにきてください
2006.10.05 17:18 | URL | #79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mkato.blog87.fc2.com/tb.php/12-322a8abc
株で稼ぐ!プラチナ情報・ストレスの無い自由な時間作りとは?
誰にでも実践できるノウハウなかなか見つからないと思います。株で不労所得を目指す方、大きく稼ぎたい方は実践してみてはいかがでしょうか?続きはこちらから⇒ http://kabukabukabu.livedoor.biz/?blog_id=1899950
消費増税で社会保障費の財源に
柳沢厚労相は旧大蔵省出身の財政再建論者。記者会見でも「(財政の)先行きを見た場合、増える経費として社会保障費があるのは明白」と述べた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。