法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原則と例外

いつも札幌市東区の遺言相続専門 行政書士かとう事務所のブログをご覧いただきありがとうございます(*^^*)


原則的・基本的という言葉は、非常にあいまいな言葉です。
法律の条文の中にもよく出てくる表現で、我々も依頼者・相談者との会話の中でよく用いる表現です。

この世の中、100%ということはなかなかなく、確実と思えることも「まさか!」という逆転現象が起こり得る。
我々は、その言葉に責任が伴います。100%じゃない場合に言い切ることは、嘘を言うことにもなってしまうという懼(おそ)れがあり、「原則的には」とか「基本的には」という表現であいまいにしてしまいます。
原則・基本には、例外というものが存在します。まさかの事態は、例外的なものとして、処理できるからです。

ただ、この表現を用いる説明は、基本的に(笑)回りくどく分かりにくいものになります( ;∀;)
ただでさえ、分かりにくい法律的な説明を、分かりにくくなる表現を入れて説明する。

ここをどう乗り越えるのか!?
我々の課題の一つですね(>_<)

かとう事務所では、分かりやすい説明を心がけていきます('◇')ゞ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。