法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年は大変お世話になりました。

いつも札幌東区の「遺言・家系図センター」行政書士かとう事務所のブログをご覧いただきありがとうございます。

2010年も残すところ後3日。
当事務所も、皆様の支えのおかげで、本日をもって無事、年内仕事納めとなりました。

来年も皆様のご期待に添えるよう、事務所職員一丸となって尽力いたしますので、本年以上のご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

本年は、本当にありがとうございました。




感謝!

スポンサーサイト

家系図作成

いつも札幌市東区の「遺言・家系図センター」行政書士かとう事務所のブログをご覧頂きありがとうございます。
行政書士かとう事務所 代表のかとうです。

鑑賞用の家系図作成業務は、資格を必要としないという最高裁判決。より多くの方が家系図に触れる機会を得ることになり、家系図を扱っている一人として、良いことだと思います。
また、法とモラルを今まで以上に意識してやろうとも思いました。

SPEC ~ 窃盗罪

いつも、札幌市東区の「遺言・家系図センター」行政書士かとう事務所のブログを

ご覧いただきありがとうございます。




週6日ドラマを観ることに大忙しの、かとう事務所スタッフのFDです。

今期のドラマは面白いものがたくさんあって、毎日楽しみです。

できるだけリアルタイムで観れるように必死です。


金曜10時の予定は・・・

TBS「SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」です!!


先週、公安部公安第五課未詳事件特別対策係(ミショウ)が廃止されて

電気と水道が止められている中で、当麻紗綾(戸田恵梨香さん)が

野々村係長(竜雷太さん)と、瀬文焚流(加瀬亮さん)を待っているときに

捜査一課から電気コードを引っ張ってきて電気を使っていました。

すると、野々村係長に「電気も泥棒だよ」と言われていましたよね?



はたして本当に当麻紗綾の行為は窃盗罪になるのでしょうか??


刑法第235条は「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は

五十万円以下の罰金に処する。」と規定しています。


電気は「財物」(モノ)なのでしょうか?

カタチがないのに??


続いて刑法第245条は、こう規定しています。

「この章(刑法第36章 窃盗及び強盗の罪)の罪については、電気は、財物とみなす。」


電気もモノ、電気泥棒も立派な窃盗なんですね。

なので「当麻紗綾の行為は窃盗!!」と言いたいところですが、

今回はもう1点問題があるんです。


それは・・・

当麻紗綾が引っ張ってきた捜査一課の電気は「他人の財物」なのか?とういことです。


捜査一課が使っている電気は、警視庁が電力会社から供給されているものです。

捜査一課の「財物」ではありませんし、当麻紗綾は警視庁の人間ですから「他人」では

ありません。

業務を行うために電気を引っ張ってきたのであれば、当麻紗綾の行為は「窃盗罪」には

当らないと思われます。


逆に、某CMでコンビニの店員さんに扮した柳原可奈子さんが、

肉まん等の蒸し器の電源を切って自分の携帯を充電しているのは

「窃盗罪」になる可能性が高いです。

それは柳原可奈子さんが扮するコンビニ店員さんが、個人の利益のために、

コンビニのオーナーさんの電気をこっそり盗んでいるからです。



電化製品の発展が目覚ましく、生活に欠かせないものになってはいますが

法律とマナーを守って正しく利用しなければ、と思います。

落し物

かとう事務所スタッフのFDです。


どなたか・・・どなたか・・・いらっしゃいませんか~??

10月29日頃、すすきの・白石区・東区・北区のどこかで茶色い手帳を見かけた、

もしくは拾った方、いらっしゃいませんか~!?

白いタクシーの運転手さん、落し物に茶色い手帳はありませんでしたか~???



先日(といっても1ヶ月以上も前になりますが)、

大事に大事にしていた手帳を落としてしまいました。

ショックです。自分の不注意とはいえ、ショックです。

中身を入替えて繰返し使えるタイプなので、来年の分を買ったばかりだったのに。

家の周りを小1時間探しましたが見つからず・・・・。


帰りました。おめおめと。



結局、自分ではどうすることもできないので警察署に行くことにしました。


そこで知ったんですけど、今の時代、落し物ってインターネットで探せるんですね!!

落し物や忘れ物の情報が「落し物検索」でインターネット上に公表されてるらしいです。


どうやら遺失物法が3年前に変わったとかで。

その他には、携帯電話や運転免許証など個人情報が入ったものは、

持ち主が見つからなくても拾い主のものにはならないとか。


そして困ったことに・・・

落し物や忘れ物を探せる期間が・・・

3ヶ月になってしまったそうです。(以前は6ヶ月でした。)


落とし主がわからない場合に、拾い主のものになる期間も3ヶ月になり、

警察の保管期間も3ヶ月になったそうです。

あと2ヶ月以内に見つからないと永遠に見つけれなくなってしまいます・・・。


ジャン=ポール・エヴァンのサインが入っている茶色の手帳を見かけたことのある方、

それ、FDのです!!!




事務所で手帳を落とした話を少しだけしました。

・・・笑われました。そりゃあ、もう。


でも次の日、加藤先生に

「たぶん、乗ってたタクシーはハイヤー協会に加盟してない会社だと思うから、

それ以外で探した方が良いと思うよ。」

と言われました。


なんと!!

心優しい加藤先生は、ハイヤー協会に電話をして探してくださっていたのです。

感動しました。

人の心って温ったかいですね。



大事な手帳は失いましたが、もっと大切なものをいただいたような気がします。



と、言いつつあと2ヶ月は粘りますけど。

お心当たりのある方、ぜひご一報くださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。