法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンタウンDX

今日、テレビ番組の『ダウンタウンDX』で家系図の話題がありました☆
タレントの真鍋かおりさんが両親の直系をたどった家系図を作ったというものです。
行政書士に頼んで作って15万円支払ったというものです。

行政書士かとう事務所でも家系図作っています。しかし、一言に家系図といっても色々な段階があります。

①相続関係図(相関図)の段階
→行政書士が作成する本来的な書類で、事実をそのまま書面にしたものです。この段階であればおよそ8万円で両親の直系(おそらくテレビで真鍋かおりさんが作ったと言っていたものと同じ範囲。以下、同じ)についての家系図が作れます。

②掛け軸またはアルバム家系図の段階
→相関図をもとに保存が利く形にします。この段階まででは20~25万円ほどかかります。一見高いですが、その中身が金額以上かと思います。

③系譜(データ家系図)の段階
→ここまでやっているところは少ないかもしれませんが、行政書士かとう事務所では②の段階の付属としてつけています。これはなんでしょうか?家系図を作成するには戸籍などを収集します。一つの家系図をつくるのに20通前後の戸籍等を取得しますが、読み取りにくい。それを普通の人が見て解り易いようにまとめ直したものが系譜です。いつ生まれて、何歳で結婚し、何歳で亡くなったのか。戸籍から読み取れることをまとめるので、より詳しくご先祖のことを理解できます。これだけでも十分価値のあるものだと思いますが、行政書士かとう事務所ではこれもセットにして提供いたします☆


一見の価値ありですので、気になる方は気軽にお問合せください☆☆
問い合わせは TEL:011-596-6522 まで☆☆

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。