法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤミ金逮捕!

ヤミ金が逮捕されました!(>_<)

ただのヤミ金ではありません。女性専門のヤミ金です。
人の弱みに付け込み、違法金利を取ることだけでも卑劣ですが、さらに性的行為まで強要するなんて卑劣卑怯極まりない奴です!!!

このヤミ金はネットで顧客を勧誘していたみたいですが、ネット上では、出資法の上限金利(利息制限法違反の金利)である29.2%とうたっていましたが、実際には1日に75%近くの利息を取っていたこともあるそうです。
このように、勧誘時には安い利息と言っておき、実際には違法利息であるというケースは、何も特別ではなく、ヤミ金では度々聞く手法のようです(*_*)

私の考えとしましては、銀行などの融資を断られた場合、借入をすること自体あきらめた方がいいのでは、と思います(・_・;)

スポンサーサイト

男女差別!?

業務で、傷害事件における損害賠償・慰謝料請求書を作成していた時のことです。

今回は交通事故ではなかったのですが、参考までに、交通事故における後遺障害等級表を 見ていました。

一番軽い14等級(75万円)、そこに男子の外貌(顔)に残る傷が該当していました。
ん?男子の??女子は???
女子は12等級(224万円)!
女子の外貌に対する価値を男子と比較して高く見積もっている結果でした(゜o゜)
男子も女子も顔に傷が残ることに関するダメージは一緒なのでは?憲法14条平等原則に反するのではないだろうか!?

私個人の感情でいえば、女子の外貌に対するダメージの方が重いと思います。
しかし、この考えは、男子を差別しているのだろうか?それとも女子を差別しているのだろうか?はたまた、本質的平等な結論なのでしょうか?
難しい問題ですね(・_・;)
皆さんのお考えではいかがですか?(^ム^)

多重債務者対策

金融庁が夕刊紙やスポーツ新聞に、多重債務者対策の広報の為に広告を出すことにしたみたいですね☆

夕刊紙やスポーツ新聞には消費者金融の広告が多数掲載されており、債務者への周知に効果が期待できるとのことです(^^)/

これで、少しでも多くの多重債務者が救われることを期待します★

行政書士かとう事務所でも、随時無料相談をお受けいたしております(*^^)v
多重債務問題に限らず、お気軽にどうぞ!

遺言

最近、遺言について相談を受けました。
そのやりとり中の一部を紹介します。

「ちゃんとしたとこで作らないと遺言の効力がない?」という質問。

単純に答えると、答えは「NO」です。

自分でその辺の紙に書いたとしても、法の定める要件を満たしていれば遺言として有効です。
しかし、自分で作る場合、要件を満たさず無効となってしまうこともよく見られます(・_・;)
そのため、「ちゃんとしたとこ」で作成した遺言にくらべ、効力がないケースが多く、さきの質問につながるのではないかと思います。

正確には、「法が定めている要件をちゃんと満たした遺言を作らないと効力がない」です!

遺言・相続の相談は気軽に行政書士かとう事務所に☆(←軽く宣伝w)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。