法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冤罪撲滅!

今月26日、警察庁長官が、取調室にのぞき窓やマイクを設置することを検討していることを明らかにした。

富山県警強姦冤罪事件などを受けての検討だろう。

行き過ぎた取り調べの結果、やってもいない罪を認めさせる。真犯人に白状させる効果もあるのだろうが、そのために、無実の人に不利益を与えるような体制は改めるべきだ(`´)

以前より、議題には上っていたであろう、取り調べの可視化。これは是非、成立させてほしいと思う。

これに関連して一つ。
刑務所(刑が確定した受刑者が入る)が民間に委ねられるようになってきた。これは、刑務所の数が足りなくなってきている現状があるからだ。
しかし、監獄(逮捕はされたが刑が確定していない被告人が入る)も不足しているのだ。そのため、監獄の代わりに使われているのが、警察留置場なのだ!これを代用監獄という。
これが問題で、警察の取り調べが四六時中される危険性(現実にもされている可能性大)があり、自白強要の危険性が拡大する。
冤罪事件の温床は、代用監獄にある!とも言えるのではないだろうか。
刑務所の民営化の前に代用監獄をなんとかしてもらいたかった(>_<)
今後取り調べの可視化、代用監獄の解消と、冤罪がなくなるよう、法制化を期待する★

スポンサーサイト

経営破たん!

函館のクレジット会社ハコセンが経営破たん!
今年9月のクレディアのように、過払い金返還請求・貸金業法改正による経営悪化が原因での破たんになってしまったのか!?

実際には、飛行機経営や企業向け融資の不良債権化が原因みたいです。

クレディアの経営破たんといえば、再生債権届け出期間が今月の26日と迫っています\(゜ロ゜!)
クレディアと5年以上の取引がある方は、早急に手続きに入った方が良いと思います。
届け出期間が過ぎてしうと、過払い金返還請求できなくなってしまいます。

クレディアに限らず、今後、中小の消費者金融は淘汰されていく可能性もあります。クレディアのように民事再生手続きに入られると、過払い金の回収が難しくなってしまいますので、取引期間5年以上のところは、早めに過払い金の有無を確認した方が良いかもしれません!(>_<)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。