法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利息の引下げと過払い金

こんにちは。

今現在、消費者金融各社の金利は、一部の業者を除き、概ね法定利率まで下がっています。
これにより、今後新たに借り入れるをする方には、過払い金が発生することがなくなります。

ところが、勘違いされている方もいらっしゃるようなので、言っておきますね(*^_^*)

過払い金が発生しなくなる方というのは、これまで消費者金融などから借り入れをしておらず、借入初体験の方限定です!!
今後の金利が下がったとしても、それ以前の借入金利(支払った利息)には影響はなく、引き直し計算の効果を享受することができ、過払い金発生の可能性は当然あります(*^^)v

間違った解釈で損のないように★

スポンサーサイト

格安!?適正価格!?

以前から書こうとは思っていたネタです☆

うちの事務所に来る依頼者によく言われるんです。

依「安いですね!」
私「そうですか?適正価格だと思ってますけど★」

こんなやり取りはしょっちゅです。ほかはそんなに高いんですかね!?

債務整理の料金に関しては、【良心的】な設定にはなってると思いますけど、適正価格の範囲内だと思ってます!(*^^)v

まず、根本的に、弁護士などと違って、代理として受任するわけではないので、依頼者が動かなくてはならない事を考えれば、安いのは当たり前と言えば当たり前。

依「それでも格安ですよ!」

そこは、【良心的】な部分なのかもしれません。例をあげて説明しておきますね♪

例 100万円の借金が100万円の過払い金になった場合
 弁護士事務所など(あくまでモデルなので参考までにしてください)
  (基本1社2万円)+(借金が減った分100万円x15%)
  +(過払い金100万円x20%)= 報酬総額37万円

 かとう事務所
  (基本1社12000円)OR(過払い金100万円x10%)
  = 報酬総額10万円

こんな感じです(*^_^*)わかりにくかった人は電話やメールで確認してください★


信用情報

本日(07/09/03)より、全情連における過払い金返還請求者の扱いが『債務整理』から『契約見直し』になるようです。

これは、決して喜ばしいことではありません!

確かに、その他の整理方法も含めた債務整理から、契約見直しという過払い金返還請求者独自の枠組みに移ることだけを見れば喜ばしく感じるかもしれません。

しかし、過払い金返還請求は、人の権利として認められていることであり、信用情報などに取り上げられる様なものではないのです((+_+))

このような不利益的取扱いは、消費者金融数社が共同出資してできた信用情報機関【全情連】だけが行っているようで、債務整理と記載がなくても、ブラックリスト的扱いになることには変わらないものです。

このことによって、当然の権利である過払い金返還請求権の行使に支障が出てくることは容易に考えられます。

早急に、改善されることを願います!

ちなみに、全情連の相談センターの方に電話で確認してみたのですが、消費者金融が言ってきた情報は、その会社が取り消しなどを言ってこないと削除もできないそうです。

消費者金融とは別会社と言っても、言いなりなんですね。過払い金返還請求者への嫌がらせ的に使われているようにも取れる運用はどうかと思いますよ(;一_一)

器物損壊!?

もしかしたら、以前に同じネタを書いてるかもしれませんが、ここ最近よく目につくので書かせてもらいます!

私、お腹のお肉が気になるので、スポーツジムに通ってるんです♪

そこで、筋トレ・プール・お風呂・サウナに入って帰る。っていうパターンなんですが、お風呂での出来事。

サウナ室内から浴槽・浴室内が見えるんですが、サウナで汗だく。私より先に入っている人はさらに汗だく!

汗だくでサウナを出ていく人は、浴槽から桶でお湯をすくって汗を流す人、シャワーで汗を流す人がいます。

ところが、サウナを出て水風呂に直行!(・_・;)
そのまま、ザブーンッ!( ̄□ ̄;)!!

その後入りたくないんですけど……。

水風呂を使えなくした行為は器物損壊罪に該当する可能性ありですよ!!ちなみに、食器におしっこかける行為も該当します。

本当にやめてください!
人としてやめてください!!(-_-メ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。