法のある日常(遺言師 かとう事務所の日常)

家系図・遺言・相続などの業務を通して感じたことを綴る。日常生活でもすぐに役立つ知識が満載★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉

実は、私、温泉が好きなんです。\(^◇^)/実はもなにも、プロフには必ずといってイイほど温泉好きと書いてますが…。

2006_1119_152710aa先日、由仁町の「ゆんにの湯」に行ってきました♪ここは、比較的湯温が高くすごくあったまります。私の好みでは、もう少しぬるい方がイイのですが、それでも良いものは良いですね(^^)v

ゆんにの湯に限らず、こういった公共の湯では、大抵、「刺青・タトゥお断り」とされているんですが、実際には、カラフルな皮膚をもつ方が入っていることが多々あります。管理者も黙認しているのでしょうか?

もし、住居侵入罪が管理者の管理権を保護するものであると考え、管理者が黙認もしていないのであれば、お断りが出ている人が黙って入ってくれば住居侵入罪になる可能性があるのでご注意ください。

わたしの友人にも、パンクバンドをやっていて、その勢いで腕がカラフルになった人もいますが、私は温泉に行けなくなるから止めときなと、注意してあげたことがあります。その友人は、公共温泉に入れないので、野天風呂(自然に湧いている露天風呂)を探して入っています。そのおかげで、私も秘湯を楽しむことができています(^皿^)

スポンサーサイト

傷害罪!?

私、お風呂(温泉を含めて)が好きで、よくはいりにいくんです。

さらに、毎朝近所の天然温泉(っていうかスパみたいな感じ)に行っています。毎日朝からおっきな浴槽に浸かれるなら早起きも厭いません。

そこには露天風呂(半露天)があるので、これからの季節、雪が降るのを見ながらゆったりできると思うと楽しみです^^v

ところが、その露天風呂に行くには、引き戸1枚で区切られているだけなんですが、その引き戸のすべりが悪く、手動でしっかり閉めないと、開いたままになってしまうんです。そのことは、その戸に注意書きということで貼ってあるんです。

この間、その注意書きがあるにも拘わらず、しっかり閉めない人がいたんです。しかも、結構常連さんで、戸のしまりが悪いのは知っているはずの人だったんです。

夏ならまだしも、北海道はすでに雪も降るような気温です。早朝ならなおさら寒い。そんな時に戸を開けっ放しにすれば、湯船に浸かってない人にとってはかなり厳しい寒さになります。風邪をひいてもおかしくないくらいです。

さて、ここで法律にあてはめてみると、故意に開け放していた場合、傷害罪。過失により開け放してしまった場合、過失傷害罪。これにより風邪をひいた人がいれば、それぞれに該当する可能性があります。

そんなことより、大人なんだから戸を開けたら、しっかり閉めるってことくらいしよーよ!´△`;

いじめは犯罪

近頃、いじめが原因で自殺するというニュースをよく見ます。

自殺に至らないいじめは数知れず存在しているんだと伺えます。

いじめに関わる全ての人にしっかりと認識してほしいのは、いじめが犯罪に該当する行為であるということです。いじめてるいる人はもちろん、いじめられている人、その保護者、教師、(場合によっては、大人社会の中でのいじめも存在していると思いますが、その場合は、管理責任者)は、考え直してほしいと思います。

暴行行為は暴行罪(刑法208条)で2年以下の懲役など。傷害に至った場合は傷害罪(刑法204条)で15年以下の懲役など。悪口によるいじめは侮辱罪・名誉毀損罪(刑法231条・刑法230条)で拘留又は科料・3年以下の懲役など。このように色々と犯罪行為を形成しています。

確かに14歳未満の子どもは、刑事罰を科されません(刑法41条)。しかし、いじめが犯罪である以上、少年法の適用により家庭裁判所の審判の対象になります。自由を制限されることになる点だけを見れば、罰金刑のある刑事罰より大変かもしれません。

また、保護者(教師も含む)は、いじめをした子が未成年であれば、民事上の損害賠償責任を問われる可能性があります。場合によっては、注意指導すべき義務があるにも係わらずそれをしないことは、不作為による共犯を構成する可能性もあると思います。

現在、いじめにあっている方は、犯罪行為をされているので、堂々と保護者や教師、警察に相談してください。告げ口などと後ろ指差されるようなことではないです!れっきとした権利行使なんです。

自殺を考えずに、やれることを全てやりきったら達成感を得られると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。